名古屋市立大学看護学部 名古屋市立大学大学院看護学研究科 クリティカルケア看護学

メンバー紹介

教員

明石惠子
明石惠子
2005年4月着任
教員紹介ページ
2005年4月に名古屋市立大学看護学部に着任し、早15年が過ぎました。これまでの大学院修了者は、博士前期課程修士論文コース10名、専門看護師コース20名(うち専門看護師資格取得13名)、博士後期課程2名です。また、本年度の在学生は12名(前期課程修士論文コース3名、専門看護師コース5名、後期課程4名)です。メンバーのページや研究室日記で紹介しているように、学生個々が自らの関心に沿った研究テーマに取り組み、私たち教員はそれをサポートしています。
私自身の関心は、看護師の倫理的行動です。研究としての取り組みに加えて、“東海臨床倫理研究会”を運営しています。これは保健医療福祉現場で生じている倫理的な問題に対する多職種による事例検討会で、年に数回開催しています。
もう一つ力を入れているのは、学部・研究科横断型教育プログラムです。本学の医学部・薬学部の先生方や学生と一緒にAIP(aging in place)のための街づくりとそのための人材育成に取り組んでいます。
益田美津美
益田美津美
2016年6月着任
教員紹介ページ
2016年6月に名古屋市立大学看護学部に着任しました。研究室メンバーは、精力的にコースワーク、研究に取り組んでおり、日々刺激を受けています。
研究は、大学院時代から引き続き、未破裂脳動脈瘤患者を対象として、先端医療を受ける人々の療養プロセスにおける看護支援方法の体系化に取り組んでいます。また、最近では脳神経外科・ICUの看護師を対象に、シミュレーション教育に関する研究を行っています。この研究に着手した背景として、医療の高度化・複雑化などにより、看護師にも高度な臨床実践能力に基づいたより安全で質の高い医療の提供が求められていることがあります。このような社会の変化に敏感でいたいと思うと同時に、過酷な治療環境の中で人々の価値観や生活のあり方を支える看護について、教育、研究を通して探求していきたいと思っています。
中神克之
2018年4月着任
教員紹介ページ
4月よりクリティカルケア看護学分野に着任しました。これまでは、患者さんの医療・健康に関する情報の活用方法や、ヘルス・リテラシーを測定するテストの開発、糖尿病患者さんのヘルス・リテラシーを研究してまいりました。また、看護学生へのより効率的・効果的・魅力的な講義・演習方法や教育プログラム開発なども研究してまいりました。さらに、看護師のストレスと健康問題や看護方式パートナーシップ・ナーシング(PNS)の研究動向、病院の産業看護職の活動実態などについても研究してまいりました。今後は、これらの研究を継続し、結果を教育や臨床に還元していきたいと考えています。ゼミでは、「対話」を通じてメンバー同士刺激しあい、みんなで「学び」を深めていけるようにしたいと思っております。
森本浩史
2019年4月着任
教員紹介ページ
2019年4月より、クリティカルケア看護学分野に着任致しました森本と申します。前職では11年間ICUで臨床経験を積み、ここ数年は現任教育の責任者として、後輩指導に努めてきました。その中で、ICU看護師の臨床判断の教育に関心を抱き、2017年より大学院博士前期課程で成人急性期看護学を専攻し、臨床判断の実際について研究を行っています。ICUでの看護の目的は、重症患者さんの救命と生命維持だけではなく、集中治療後症候群のような長期予後も見据えたケアが求められると考えています。自身の研究とゼミナールでの学びを通し、様々な視点からクリティカルケア看護をとらえ、臨床に還元していきたいと思います。

博士前期課程在学生

大田麻美 私はICU/CCU、循環器内科/心臓血管・呼吸器外科で勤務した後、救命救急センター/アンギオ室で勤務をしておりました。看護師10年目の節目である4月から職場より2年間の休職期間を頂き専門看護師コースで学ばせていただきます。クリティカルケア看護学を専攻した理由として、生命の危機状態に陥った患者さんへの看護について、身体的介入に関する知識はもちろんのこと、患者さんとその家族を全人的に捕らえ倫理的問題に配慮した意思決定に関する知識を学びたいと考えたことが一番のきっかけです。しかし、現在の私の力でそれを実践することは困難であると感じ、進学することを決めました。初めての環境で不安もありますが、この貴重な2年間を無駄にすることなく学び、患者さんやご家族また、地域の方へ還元できるよう日々研鑽していきます。
神保章彦
私は消化器内科病棟・中央手術室を経て現在は救急初療室に在籍し11年が経過しました。4月から長期履修制度を活用し、クリティカルケア看護学専門看護師コースでお世話になることとなりました。救急車を利用される患者さんには非常に多様な方がみえます。急病・外傷の方はもちろんのこと、多くの社会的背景を抱えた方がおられます。その中で多くの倫理的ジレンマや未熟さを感じ、自分の看護が果たしてこれで良かったのかと考えることがこの数年ありました。より良い看護を提供するためにはどうすればよいか模索していたところ、こちらの大学院の存在を知り、学びを深めたく入学を決意致しました。3年間こちらで勉強させて頂き、将来は専門看護師を取得することで実践だけでなく、周囲との調整や教育にも力を入れていきたいと考えております。
高崎詩彩

私は脳神経外科病棟に6年間半勤務し、その後手術室に所属し臨床経験は13年目となります。手術という非常に大きな侵襲的治療に実際に参加する事や、重症外傷の初期対応などを臨床現場で経験する中で、クリティカルケア看護学について深く学びたいと考えるようになりました。現代の看護の現場は日進月歩であり、私が学生時代に学んだ知識では不十分であると気付きながらも、臨床の忙しさを言い訳にする日々が続いていました。しかし、クリティカルケア看護を必要とする患者様やご家族と接する中で、自分の知識や技術、経験が大きな影響を与える事を痛感し、進学を決心しました。私は履修を進めていく過程で得た知識を踏まえ、継続する臨床勤務で看護実践をしたいと考え、長期履修制度を利用し修士論文コースでお世話になります。履修と実践を繰り返す中で感じる疑問について看護研究を通して明らかにし、患者様やご家族に質の高い看護が提供できるように、日々努力していきます。

岩見静香 私はICUCCUに勤務して今年で10年目を迎えました。4月から長期履修制度を利用して、常勤で勤務をしながら修士論文コースでお世話になることになりました。漠然と臨床を続けることに疑問を感じ始めたのは3年ほど前になります。日々の業務の中での疑問や看護を深めたいという思いが増す中で、仕事との両立への不安もあり、なかなか踏み出せずにいました。しかし同じ職場の先輩が働きながら大学院へ通う充実した姿や、研究室の先生や先輩方のお話をお聞きし、私も第一歩を踏み出すことができました。仕事との両立で不安な部分もありますが、学習や研究に精一杯励み、患者さんへ還元できるよう頑張っていきたいと思っております。
松岡由紀 私は消化器外科病棟を4年経験した後、ICUに異動となり今年で8年目になりました。日々の業務の中で、患者さんとご家族が抱える複雑な問題を解決するためには、今の自分の持つ力では解決することが難しいと感じる場面がいくつもあり、自分自身の力に限界があると感じるようになりました。また、臨床の場面で様々な倫理的なジレンマを感じてもそれをどう解決していけば良いか分からず、もどかしさを感じることが多くありました。そこで、大学院に進学し、学びを深めたいと思いこの4月より専門看護師コースに在籍しています。勤務先のご支援をいただき、2年での修了を目標に勤務を調整しながら日々学びを深めています。
柳瀬圭司 ICUに配属され、勤務して今年でICUを13年迎えました。4月から長期履修制度を利用して、勤務調整をしながら専門看護師コースでお世話になることになりました。クリティカルという臨床で、業務の中での疑問や看護を深めたいという思いが増す中で、常に看護師としてどのような看護ができるか考えていました。スタッフ教育をしていく中で、自分の未熟さに気が付き、看護に対する視野が狭くなっていることにも気が付き、専門性を高めるために新しい一歩を踏み出そうと思いました。勤務調整も含めて不安な部分もありますが、そういった不安なことも含めて、ここでの学びを大切にして、患者・家族さらには、スタッフへ還元できるよう日々努力していきたいと思っています。
宮澤拓也 私は、看護師として脳神経外科・神経内科病棟での経験を経て、現在救命救急センター・救急病棟・ICUに勤務して5年目になります。クリティカルケア領域では救急・集中治療看護は勿論のこと、近年では超高齢化社会となり救命救急センターやICUと地域医療をつなぐ終末期医療も重要視されています。さらに、2025年問題とされている超高齢社会において、これらのことはさらに重要となってきます。私もクリティカルケア領域で看護実践を行う中で終末期医療の場面でジレンマを感じることも多く、実践は勿論のこと調整や倫理調整、教育を行いたくクリティカルケア看護専門看護師コースに入学しました。名古屋市立大学大学院には在職のままで修学可能な長期履修制度があり、臨床での看護実践を行いながら学習することが可能なのも魅力のひとつです。大学院では講義や実習、ゼミを通して私自身の課題を明らかにし患者さんと家族の支援ができるように日々研鑽していきたいと思っています。

博士後期課程在学生


松田麗子
準備中です。
杉野由起子
杉野由起子
博士後期課程に在籍中です。臨床で急性・重症患者看護専門看護師として働きつつ、九州から飛行機で通っています。修士課程修了後専門看護師として臨床で関わった経験を科学的に整理してみようと、(思い切って)博士後期課程への門を叩きました。年齢とともに体力や記憶力が低下したり、CNSとしての仕事の両立に悩んだり、楽なことばかりではありませんが、集中治療室に入室前後の患者さんの健康問題やケアプロセスを改善するプログラム構築を目指して日々悩み、またそれを楽しんでいます。
伊藤美智子
伊藤美智子
私は、看護師としてクリティカル領域で4年、看護教員として5年半働かせていただきました。その経験の中で、クリティカル領域に入職してくる新人の看護師がよりよい終末期ケアを提供するためにはどんな教育が必要なのか知りたいと考えるようになりました。現在は、非常勤で看護師を続けながら、博士後期課程に在籍し、研究を行っています。現在行っている研究を通して、クリティカルケア領域の新人看護師に必要な終末期ケアの教育について明らかにすることを目指します。
伊藤聡子
伊藤聡子
現在、博士後期課程に在籍しています。施設では、急性・重症CNSとして、ポストクリティカル病棟を重点的にサポートし、せん妄ケアを中心に活動しています。また、院内の研修企画運営、研究支援を行っています。さらに同領域だけでなく、他領域の方ともお互いに情報交換ができ、臨床での問題を解決できる糸口がつかめることもあります。働きながら大学で学ぶことは大変ですが、大学は研究手法や日々の自分の看護を振りかえることができる機会となり、私にとって貴重な時間になっています。大学院ではせん妄に関する研究を行っています。

修了生

博士(看護学)

江口秀子
江口秀子
2018年3月修了
博士論文テーマ:
救急看護師の臨床判断の実態と臨床判断能力育成に関する研究
森木ゆう子
森木ゆう子
2017年3月修了
博士論文テーマ:
救急場面における患者家族の特性・看護師の能力・システムの相互関係

修士(看護学)

勝浪優子
2020年3月修了
課題研究テーマ:
開心術後患者の回復期の心境とそれに関連した事柄
-手術の振り返りによる語りの分析-
堀木実子
2020年3月修了
修士論文テーマ:
集中治療を受けた患者のQOL
―外傷患者の集中治療室退室後3ヶ月のQOL変化とその要因―
竹内美千代
竹内美千代
2020年3月修了
修士論文テーマ:
経カテーテル大動脈弁留置術を受けた患者のADLの変化
長屋佳奈子
長屋佳奈子
2020年3月修了
課題研究テーマ:
人工呼吸器装着患者のICUで行われる端座位訓練中のニード
平尾由香
平尾由香
2019年3月修了
課題研究テーマ:
集中治療室入室中に医療者から受けたケアに対する患者の快
安井美和
安井美和
2019年3月修了
課題研究テーマ:
集中治療を受けている患者の異変を察知した急性・重症患者看護専門看護師の臨床判断
田中裕子
田中裕子
2019年3月修了
課題研究テーマ:
集中治療室で人工呼吸管理を受けた患者が全身清拭に対して抱いた感情
平井亮
平井亮
2019年3月修了
修士論文テーマ:
トランジションの視点でとらえた若年性脳卒中患者の発症から半年間の経験
遠藤優哉
遠藤優哉
2018年3月修了
課題研究テーマ:
集中治療室入室中に重症熱傷患者が感じている痛み私は、市内の救命救急センターに勤務しながら、CNSコースを修了しました。未熟な自分にとって大学院進学は自己の可能性への挑戦でした。そんな大学院での2年間は今思えばあっという間でしたが、非常に充実し学びも多く、視野を広げることができました。働きながらの講義、実習、課題研究などは大変な時もあり、常に自己の課題に直面しながら苦悩もしました。しかしその中でご指導をいただきながらCNSを目指す上で自分に足りない部分である考えを他者に伝える力や、自分だからこそできる強みは何かなど、自分を見つめ直すこともできました。
修了した今では、自施設に少しでも還元できるように努力し、他職種との連携調整、教育、倫理調整など大学院での学びを活かした日々の実践が成長に繋がっています。
須賀麻由里
須賀麻由里
2018年3月修了
課題研究テーマ:
自殺企図を繰り返す患者に関わる救命救急センターの医師・看護師の感情私は、看護師経験9年目にCNS教育コースに入学し、長期履修制度を利用しながら3年かけて修了しました。救急外来やHCU、ICUでの看護を実践し、臨床で生じるジレンマやケア課題に即時的に対応しなければならない困難感をどうにかしたいと思ったのが入学のきっけでした。入学してからは専門知識を理論から方法論までより深く多面的に掘り下げ、授業やゼミ、他領域の学生とも議論を重ねることでさらに実践に結びつけることができてきたと思います。
実習や課題もあり仕事と学生生活の両立はとても大変でしたが、だからこそ臨床の疑問を体系的に考えることができたので、入学したタイミングとしても私にはちょうど良かったなと今なら思えます。臨床でのキャリアに行き詰ったときには、大学院の選択肢もオススメです。
上野沙織
上野沙織
2017年3月修了
課題研究テーマ:
慢性心不全の急性増悪で集中治療室に緊急入院した高齢患者の生活の様相
宮崎直美
宮崎直美
2017年3月修了
課題研究テーマ:
人工呼吸器装着患者における看護ケアと全人的苦痛の関連
伊藤真規
伊藤真規
2016年3月修了
修士論文テーマ:
突然の心肺停止で搬送された患者の家族への援助に関する看護師と医師の役割の認識私は、大学病院で勤務をしながら長期履修で3年間修士論文コースに通い、2016年に大学院を修了しました。学生時代、仕事と学業の両立は大変でしたが、名市大は通学しやすく夜間の授業もあったため、通常通りに勤務をしながらでも通うことができました。先輩や修了生も多くいますので、授業や研究のアドバイスを頂いたり、他病院の情報や臨床での様々な経験を聞いたりすることもできました。また、先生方が熱心に指導をしてくださいましたので非常に充実した3年間を過ごすことができました。現在は、大学病院の救命救急センターで主任として勤務しています。臨床でも積極的に研究ができるように頑張っていきたいと思っています。
久野加奈
久野加奈
2015年3月修了
修士論文テーマ:
一般病棟における急変場面遭遇時の看護師の心理と対処行動私は看護研究と看護教育の基盤を学ぶ目的で大学院に進学しました。臨床で看護研究未経験であったこともあり、大学院に専念した2年間は、想像以上に大変でした。しかし経験豊富で指導熱心な先生方をはじめ、ゼミ等で在学生だけでなく修了生とも議論する中で、思考を深めることができました。また、他領域の講義や合同で開催されるゼミ等で、クリティカルケア領域だけでなく看護の本質や総合的な視点を培うことができました。幅広い世代・領域の向上心ある仲間とともに、存分に学び、悩み、議論し、励ましあった日々は、濃厚で価値ある2年間であり、名市大で学んでよかったと実感しています。
現在は家庭とのバランスを取るため非常勤で看護師をしています。しかるべき時期が来たら看護教育に携わり、大学院での学びを生かしたいと考えています
伊藤美和
伊藤美和
2015年3月修了
課題研究テーマ:
急性期病院に勤務する看護師の道徳的推論の実態
中嶋武弘
中嶋武弘
2015年3月修了
課題研究テーマ:

心臓血管外科手術を受けた患者の集中治療室再入室の実態と要因

徳山博美
徳山博美
2014年3月修了
課題研究テーマ:
クリティカルケア看護領域の患者に対する「手を握る看護」の自律神経に及ぼす影響
間中美和
間中美和
2014年3月修了
課題研究テーマ:
救急搬送され生命危機状態にある患者の家族の想い
間中美和
土屋裕美
2013年3月修了
修士論文テーマ:
集中治療部門に勤務する看護師のターミナルケア態度の実態とその関連要因私は、大学で教員として勤務しながら、2年間の修士論文コースを修了しました。大学院では、研究の知識・スキルを養うとともに、プレゼンテーション能力、クリティカルケアの専門的知識を習得することができました。特に、明石ゼミではプレゼンテーションをする場が多く、臨床経験豊富なメンバーと意見を交わすことで、自分の考えを伝えるトレーニングになっただけでなく、物事を多角的にみつめる機会になりました。卒業後は、大学教員を続けながら、学位論文を引き続き明石教授にご指導いただき、日本クリティカルケア看護学会誌に掲載することができました。また、明石先生には、教科書執筆、学術集会の実行委員や話題提供者という新たな経験を積む機会を与えていただき、感謝しかありません。明石ゼミの修了生・在学生も、親交関係を築けるメンバーが多く、卒業後もいろんな場面で良きアドバイスや支援を得られ、かけがえのない仲間となっています。
川村知子
川村知子
2013年3月修了
課題研究テーマ:
全人的な視点で分析した集中治療を受けている患者の苦痛とその要因―人工呼吸管理を受けた患者の分析大学院での学びは、臨床での看護のあり方を振り返る良い機会となりました。先生方からの講義、先輩・同期・後輩・他分野の学生とのディスカッション、実習を通して自分自身や自施設でのケアのあり方について、考える事ができました。特に実習は、他施設でのケアに感動したり、自施設の良い部分を発見したりと貴重な体験となりました。また、自分と同じような現場で懸命に働くスタッフの姿を目にし、大きな励みになりました。そのため、レポートに追われて眠れない日が続いても、辞めたいと思ったり、進学を後悔したりすることはありませんでした。むしろ、学びのチャンスに恵まれ幸運だと思いました。
名古屋市立大学は地下鉄をおりてすぐなので、県外の私でも働きながら通学するのに便利な環境でした。
卒業した現在は、専門看護師として院内教育に携わり、役割を果たす中でしか得られない発見や喜びを得ることが出来ています。
長尾大地
長尾大地
2013年3月修了
課題研究テーマ:
体位変換時の移動援助方法の違いが人工呼吸器装着患者の循環動態に及ぼす影響私は、専門看護師になりたいという思いと、日々の臨床における疑問を解き明かしたいという思いから大学院に進学しました。長期履修生として仕事と学業の両立は、想像以上に「艱難辛苦」の連続でした。ただ、思考に思考を重ね、とことん自分と向き合う精神力や忍耐力を養うことができたことは、自分にとって掛け替えのない財産になりました。また、多くの同じ目標を持つ仲間と机を並べて学習できたことも、私にとっての貴重な時間でした。現在は専門看護師として別の角度から臨床での疑問を解き明かしたいという思いで大学を利用させていただくことがあります。常に周囲の方々に感謝の気持ちを持ち、自分の信念をもって艱難辛苦と向き合っていくこと。これが私にとっての大学院での最大の学びかもしれません。
舘昌美
舘昌美
2012年3月修了
課題研究テーマ:
急性増悪したがん患者の救命に関するICU看護師の認識
大野美香
大野美香
2011年3月修了
課題研究テーマ:
救急医療における終末期患者の延命措置に関する家族の代理意思決定過程と影響要因私はクリティカルケア看護学 専門看護師コースを修了した後、三次救急を担う総合病院で急性・重症患者看護専門看護師として組織横断的に活動しています。看護実践や院内教育を通して自施設のクリティカルケアが向上するよう、専門看護師の役割とは何かを自問自答しながら日々看護をしています。
大学院では研究の基礎やクリティカルケア看護の理論的根拠を学びました。また、自分とは異なるさまざまな経験を有する仲間との議論から自己の視野を広げることができました。現在でも多くの修了生や先生がたと専門看護師の役割や活動について議論できており、少しずつ成長できているのではないかと考えています。大学院での学びが、専門看護師としての活動の原動力となっています。
杉浦幸恵
杉浦幸恵
2011年3月修了
課題研究テーマ:
クリティカルケア領域における人工呼吸器装着患者の鎮痛・鎮静に対する看護師・医師の認識
渡邉弥生
渡邉弥生
2011年3月修了
修士論文テーマ:
再潅流療法を受けた虚血性心疾患患者の自己効力とQOL(生活の質)の関連
丸谷幸子
丸谷幸子
2011年3月修了
修士論文テーマ:
人工呼吸器装着患者の苦痛体験についての事例研究
竹中利美
竹中利美
2010年3月修了
修士論文テーマ:
経口気管挿管による人工呼吸器装着患者の口腔乾燥の評価方法と関連要因大学院博士前期課程を修了して早7年が経ちました。私は専門看護師コース1期生です。1期生としてはあまりにも頼りない卒業生ですが、在学中だけでなく卒業後も多くを学び考える機会をいただいております。現在、認定看護師・専門看護師・看護管理者と3足のわらじを履いて多忙な日々を過ごしていますが、それぞれの役割を区別し、そして融合して行動できていると自負しています。在学中、教授からそれぞれの役割の違いを意識するよう指導を受け、その役割認識をしながら学習できたことが今を支えていると感じます。日常の多くの時間を看護管理に割いているのが現状ですが、専門看護師独自の視点で患者の転帰を改善するための看護力を最大限に発揮する組織つくりを目指しています。
中神克之
中神克之
2009年3月修了
修士論文テーマ:
術前消化器がん患者のHealth Literacyの現象定期的に開催されていた明石ゼミは、教員や学生同士が「対話」を通じて学びあえる環境でした。この貴重なゼミの「対話」により、私は研究のみでなく教育や看護学についても多くの学びを得ることができました。経験豊富な先生方に指導をいただきながら、アクティブに学び合う仲間と共に過ごした時間は貴重な財産となりました。
山田順子
山田順子
2008年3月修了
修士論文テーマ:
胃がん患者の手術後半年間の体験と対処に関する研究
柳生典代
柳生典代
2007年3月修了
修士論文テーマ:
心臓血管外科手術患者における術後せん妄発症と発症要因に関する研究

 

PAGE TOP